顧問サービス

顧問サービス

AI時代の顧問

AIやRPAといった技術革新により、会計事務所の存在意義が問われています。「税理士は不要」とさえ言われる時代ですが、私達はポジティブにとらえています。単純な入力代行や申告書作成業務に割く工数を削減し、より事業の前進に寄与するサービスの拡充を図ります。「次の一歩を踏み出したい。」という社長の思いに応える経営管理体制を構築します。

FEATURES 特徴

理念体系の明確化による
組織力向上

顧問の成否は、社長の事業にかける思いをいかに共有できるかに尽きます。
ミッション・ビジョンや経営課題についての議論を重ね、ゴールを明確化します。社内への継続的な発信による組織力の向上を可能とします。

次のステージに備えた
管理体制構築

次のステージで必要となる経営管理体制の構築を目標とします。
会社ステージに応じ、記帳代行、会計指導、節税対策、資金繰り改善、予実管理構築、経営会議運営支援のサービスを組み合わせご提供します。

クラウド技術による
時短と省コスト

クラウド型会計・給与ソフトウェア(A-SaaS)により、ローコストで経理体制の構築が可能です。各種サービス連携により効率化をはかります。
Chatworkやzoomといったコミュニケーションツールのご利用も承ります。

EXAMPLES 事例と報酬の目安

起業から支援させていただいた、あるIT企業の実例です。※報酬料金の記載には、決算報酬を含みませんのでご了承下さい(金額は全て税抜)。

起業直後

  • 起業直後のためコストを抑えたい
  • 会社経営への不安が大きく、随時相談したい

・社長自身に記帳作業を実施いただき、記帳代行料金を削減
・オンラインチャットツールを活用し、随時の相談体制を構築
・3か月に一度オンラインで面談し、事業進捗状況の共有と、税務対策
→顧問報酬 2万円/月

事業が軌道に乗り始めたタイミングで、社長の管理負荷低減を目的に、記帳代行業務による経理作業の巻き取りをご提案。

事業加速期

  • 社長のリソースを事業推進に集中したい
  • 取引量拡大、消費税対応を含めた経理業務への対応

(創業期のサービス内容に加えて)
・記帳業務を弊所にて代行
→顧問報酬 2万円 + 記帳代行報酬 1万円 合計3万円/月

事業展開のスピードが速まり、経営状態を即時に把握する必要性が生じたことから、社内での経理体制の構築をご提案。

管理体制構築期

  • 月次で経営状態を把握したい
  • 把握した月次情報をもとにPDCAを回すためのアドバイスが欲しい
  • 資金繰り面でのアドバイスが欲しい

・経理担当者への会計業務指導
・試算表と管理資料に基づいた、月次での経営改善ミーティング
・半年~1年程度の資金繰り予測と対応施策の検討
→顧問報酬 5万円/月

事業が順調に成長し、組織規模の拡大に伴って、幹部人材の育成と組織力の向上が課題となり、月次での経営会議実施をご提案。

マネジメント構築期

  • 幹部に経営数値に対する意識を浸透させたい
  • 組織を活性化したい
  • 部署間の連携を改善したい

(管理体制構築期の内容に加えて)
・月次での経営会議の開催とファシリテート
・経営改善に直結する予実管理体制の構築
・年度及び中期計画の策定支援
→顧問報酬 10万円/月